FC2ブログ



こんにちは、しゅんすです。

波止場の二人
「働きたくないよぅ・・・」  「・・・それな」


ガレーを強化する時、いつも船パラメーターの「漕力」が気になっていました。
この「漕力」にどの程度の効果があるのか、はっきりとわかりません。
僕が鈍いせいもあって、船を走らせてもイマイチ体感できないw

漕力数値

てことで、今回もタイムを計ってみることにしました。

船は、マルタ騎士団ガレーを使用。
夜戦用木製素材を投入してナポリで造船後、初期化した状態、G0のままです。
熟練度はマックス。

ギコギコ100

計測する時の条件は、次の6パターン。

計測条件

単純に船の「漕力」の違いのみを計測するのももったいないので、2キャラを使い、漕船スキルの錬成前と錬成後も計測することにしました(錬成前の漕船ランクを12にできなかったのは、ついこの前、海の民の剣を売ってしまったからです・・・・゚・(つД`)・゚・)。

まず、①~③までを計測し、汎用大型オールを投入して漕力のみ125まで強化した船で再度計測します。

ギコギコ125

今まで何回か計測していますが、委任航行でなければ、同じ航路を何度も計る必要はない(2~3秒の差は発生しますが)ため、それぞれ1回の計測にしました。

計測ポイント

計測ポイントは、いつものリス出航後の直進ルートで、マディラ沖侵入時(上図B)と北大西洋侵入時(上図C)に、リスボンを出航してすぐの上図Aも追加しました。
このポイントA(座標15773 3206)は、リス出航直後を起点とした場合に、戦闘エリアの半径分進んだところに相当します。
リス出航からAまでのタイムを計ることで、戦闘中の加速にどのくらいの差がでるのか見れるんじゃないかなあと思ったわけです。

戦闘エリア直径
座標上だと意外と狭い戦闘エリア


計測中は、倉庫を資材で満タンにし、ヴェールを使っています。
職業は探検家。
季節は夏。

それでは結果です。

計測結果漕力
※画像ミスりました。『操船』ではなく『操帆』です><

まず、計測の主目的である船の「漕力」については、①と④、②と⑤、③と⑥を比較することになりますが、A、B、Cのどのポイントも漕力125の方が速い、という結果となりました。

ただまあ、北大西洋侵入時(C)の時点で差が数秒なんで、強化での上げづらさを考えると、ガチ勢以外は気にしなくていいんじゃないかなあw

それから個人的に意外だったのですが、①と④で差があるということは、船の「漕力」は、漕船スキルが無くても効果があるということになるのかと思います(1回しかタイム計ってないのであんま自信ないけど)。


次に漕船スキルです。
このスキルもON/OFFで差があるのはなんとなくわかるのですが、どのくらい差があるのかイマイチ体感できていませんでしたw
C列を見ると、①と②で約30秒、④と⑤で約40秒と、結構、差があることがわかります。
そのまま大西洋を横断してメリダに着くころには、2~3分の差ができそうですね。


最後に錬成漕船スキル
加速もトップスピードも圧倒的に速いです。
特に加速。
①を仮に帆船とすると、戦闘エリアの半径分を進むだけで3秒以上の差が発生してますね。
そら制御不能になるわけだ!w



私的結論

船スキルの「漕力」 ⇒ 一般プレイヤーは気にしなくてよさそうw 逆にガチ勢は強化しましょう。コンマ何秒かの差が勝敗を分けるかも?

漕船スキル ⇒ 思ったより効果あり。ガレーに乗るキャラならどんどん上げよう!

錬成漕船スキル ⇒ 移動にも戦闘にも超効果的。これほど錬成修行が報われるスキルもないんでないかというくらいです^^*


*個人の価値観によるよ!


以上です。
つい先日、商茶でOPスキルの「漕船補助」あるなしで、旋回スピードがどれくらい違うのか、という話題になりましたので、気が向いたら調べようかと思います・・・


しゅんす


スポンサーサイト



2018_05_30


こんにちは、しゅんすです。

エンリケ邸
勝手にイスに座っているところを咎められている感じの冒険クマ-と付添クマー


久々に造船レシピの紹介をします。
と言っても、前の焼き直しですが・・・

3月1日の記事で、DOLの造船システムが「カスタム造船」に変更になってから、マックス強化をする場合の造船レシピ は、船個々ではなく 5つの用途によって固定されると書きました。

【使用目的と強化方針】
1) 冒険船・帆船 25%減量、帆、旋回、対波マックス
2) 冒険船・ガレー 25%減量、帆、旋回、対波、漕力マックス
3) 交易船 25%増量、帆、旋回、対波、倉庫マックス
4) 戦闘艦・帆船 25%減量、帆、旋回、対波、装甲、船室マックス
5) 戦闘艦・ガレー 25%減量、帆、旋回、対波、漕力、装甲、船室マックス


で、そのまま、4)のレシピを紹介したわけですが、今回は、この4)の倉庫を減らさないバージョンです。

造船の強化パーツによる倉庫減に効果がないと分かった以上、倉庫を減らすメリットは無いので、レシピを見直してみたわけです。

例えば、耐久60 装甲3の強化をするには、中間値が出ることを前提とした場合、

特殊船倉×3
強化ロープ×2、加工鉄材×1

のどちらかになります。

前者は、倉庫が-12され、後者は縦帆、横帆がそれぞれ-10されます。

前までは、倉庫を減らすことに至上の喜びを感じておりましたので、当然前者を選択していたのですが、倉庫減が無意味である以上、後者で強化することになります。

シミュレーションした結果、マックス強化までするのであれば、戦闘艦・帆船の場合、前と同じく16回で達成できることがわかりました。

まあ、でかい副官船を連れて歩けるんで、倉庫が50や60減ったところで問題ないと思うんすけどね・・・

ちょっと前にCL用の船を造ってたんで、それにかなり影響されてますw

戦闘艦帆船マックス強化レシピ

このレシピ自体は、サティスファクションの強化に使用しましたが、もちろん他の大型2の海事用帆船にほぼ共通します。
対波は大ストームセイルを8個投入しているので、まあ不足はないかと思います。
帆数値に不足がでれば、帆船ですので複動式機関等で調整できます。

失敗する可能性のある6回目~10回目の強化に、リスボン(しかも造船所近くの工房)で買える汎用拡張大型船室を投入できるのでストレスが軽減されますw

ルクスファクション強化後

いつも旋回やら装甲やらが不足してしまうルークさんの船ですが、今回は無事オールマックスを達成^^


しゅんす


2018_05_24


こんにちは、しゅんすです。

今回は、海事キャラの育成日記第4弾です。

イスタンブール潜入のランバラル
イスタンブールに潜入するランバ・ラノレ大尉


前回までの東アジアの修行で、一線級の船であるマルタ騎士団ガレーに乗るレベルにはなりましたが、スキル熟練度は全体的にまだまだなので、ここからは経験値よりも熟練度を重視した修行になります。

砲撃系スキルの熟練度を上げるのに向いている場所は黒海。

クリミア海賊

黒海のオデッサ前やカッファ周辺に湧くクリミア海賊艦隊を相手にしながら熟練度を上げていきます(もちろん海域戦闘クエも受けます)。

クリミア海賊艦隊には3隻艦隊と4隻艦隊があります。

3隻艦隊は個人的に大好物の頭から突っ込んでくるタイプですが、耐久があるため、ラピッドファイア18門では少し遠目から2斉射で落とすのが得策。
4隻艦隊は、白兵に向かってくることはないため、Dから順に周りをぐるぐるしながらどんどん撃っていきます。
熟練度上げにクリミア海賊艦隊を選んでいるのは、この4隻艦隊の修理が多く長時間砲撃を続けられるからです。

クリミア1回での熟練
クリミア海賊4隻艦隊1回の戦闘で得られる熟練度。砲撃系は300弱入ります(スキルノート無し)。


ただし、砲撃時間が長い分、東アジアとは違って200隻倒すのに2時間半くらいかかります。

なお、強敵の出現ポイントはここらへん。

黒海強敵

僕は主にこのポイントでうろうろしながら待っていました。

カッファ前強敵


黒海を修行場所に選ぶ理由はもうひとつあります。

黒海はオスマントルコの庭ですから、修行中、オスマン交信を頻繁にすることができます。

○○交信は、一度交信すると成功、失敗に係わらず海上で10分経過するのを待たなければなりませんが、これを単純に移動しながら繰り返すよりは、砲撃修行をしながらやる方が効率的です。
『オスマントルコ交信』のスキルを持っているか、船長の秘伝書で付与した副官を見張りに配置し、見張り適正値も100にするのが理想です。

オスマン交信付与

僕の場合、ちょうど砲撃系を錬成カンストした直後くらいに親愛になって亡命できました^^

オスマン亡命後
オスマンに亡命すると他国との関係が一気に悪くなりますが、赦免請願状をちょうど100枚使えば元に戻ります。


スキル上げ修行を続けると、最初に砲術がR15になるので、サンクトへ行って砲術を錬成します。

砲術だけ錬成

ついで、弾道学、水平射撃、速射、貫通の順にカンストしていくと思いますが、これらは4つともカンストするまで錬成にはいきません。

砲術以外錬成

錬成後もR15まで上げていくと結局は貫通が残るからですね。 あとサンクト遠い・・・
(砲術だけ先に錬成したのは、少しでも装填時間を短くするためです)

錬成カンストまでの日にち

東アジアでの修行を終えたのが3月7日、3月25日に砲撃系スキルは全て錬成R15となりました。
ちなみに、スキルノートは3月21日に課金しております(忘れてました 。゚(゚´Д`゚)゚。 )。


砲撃系スキルを錬成R15まで上げた後は、上級士官へ転職し、水平射撃をR16まで上げていきます。

ここでようやく、スキルを4つ発動する必要が無くなりました。
ちなみに、これまでに使用した技能活用の覚書は70個。
70時間以上を砲撃スキル上げに費やしたことになります・・・マジか;;

水平射撃だけをR16にするためにクリミア海賊艦隊を相手にするのはモチベーションが上がらないので、砲撃上げ定番のサントドミンゴの海事クエ「謎の装甲特化船」にお手伝いいただくことになりますw

装甲特化船

「謎の装甲特化船」は砲撃スキル上げの定番ですが、ライン際に停船して修理の多いNPC相手に5ダメ以上を与えていくという手法のため、貫通を上げにくいという欠点があります(上げることもできますがダメージの調整が難しい)。

しかし、残っているのが水平だけであれば問題ありません。
ちなみに、5ダメでいいからといって、1スロットの砲門数を4とかに減らすと熟練がガクッと減りますので、引き続きラピッドファイア18門5スロで頑張りますw

「謎の装甲特化船」の獲得熟練度

60分で約5300
スキルノート+雷神で 9000
スキルノート+雷で 11600



水平射撃をR16にした次は回避のカンストを目指します。

サントドミンゴから定期船などでリオデジャネイロへ行き、「不可解な穴」のクエを受けます。
できるだけ回避ブーストを装備、船装備はファフニールの像以外はダメージを分散するために店売りの適当なものを装備。
積荷は資材のみにします。

不可解な穴

準備ができたら、バイーアから東に行ったところで襲ってくるNPCを相手に、なるべく多くのN船から砲撃を受けられるライン際で停船するだけです。
N船は砲弾がなくなると白兵に来るので、そうなったら離脱後、CCして再戦。
これを繰り返します。

「不可解な穴」の獲得熟練度

60分で9450くらい
スキルノート+雷神で 16000
スキルノート+雷で 20790


時々修理と消火をするくらいで、超眠いのですが、なんとか頑張ってカンストします。

回避をカンストしたのは、3月28日。

海事修行を始めてから6週間で砲撃系と回避のカンストが終わりました^^
(1日1~2時間海事)

残るは、白兵と操舵、漕力ですね・・・

正直、ここら辺が一番つらくて画像的にもおもしろくないんですが、そのうち報告いたします^^;


しゅんす


2018_05_17


こんにちは、しゅんすです。


クイズ大会決勝
クイズ大会決勝 (クマー


今回は簡単な記事を2つ書きました。


造船強化パーツによる減量の追加検証の結果

前回の記事で、造船強化時の投入パーツによる倉庫減(または船室減)に加速、速力アップの効果は無さそうだと書きました。

コメントを頂いた中で、古庄さんから「積荷がマックスじゃないと参考にならないのでは」とのご指摘があり、その可能性もあるなと思い、改めてタイムを計ってみました。

前回計測に使った軽ガレオン2隻(2隻とも25%減量、1隻はそのまま、もう1隻は倉庫-48)に資材を満タンに積み込んで計測。

資材満タン


結果は

計測結果

はい・・・

残念ながら、またまた差はありませんでしたw

もうここまでくると、計測に使った船が容量の少ない軽ガレオンだからダメなのかな、くらいしか疑いようがなくなってきます。

とりあえず、僕は今後、倉庫の減らないパーツを主に使うことに決めました^^;

シミュレーションしてみたけど、16回くらいまで強化するなら、倉庫を減らす特殊船倉副官室は使わないでいけますね。
毎回大帆を入れながら加工鉄材で装甲を上げていく感じです。


スキル伝授ボーナス

5月15日10:00までスキル熟練度ボーナス期間のため、ボンアミーゴ商会では古庄さんに音頭を取ってもらい、毎日のようにアゾスクを開催していて、10人枠を超えてしまう時があるほど連日大盛況です^^

アゾスク

海事キャラ育成日記で育成過程をご紹介中のランバ・ラノレは、砲撃しか上げてないのでアゾスクに参加させるのにもってこいのキャラなんですが、今はホバートを母港に毎日南極の周りをぐるぐる回ってるので参加できません。

でも白兵も上げたい。

てことで、模擬用キャラの「のびT」に白兵を鍛えさせて、ランバ・ラノレへ伝授することにしました。
もともと「のびT」は錬成白兵スキルがなかったので丁度よかったんですよね^^

アゾスクで「のびT」の突撃をR14まで上げて書庫で伝授。

スキル伝授

するとR11まで下がりますが、伝授ボーナスの熟練度獲得20%UPが追加されるので、雷のお守り100%+ボーナス期間50%+スキルノート20%+伝授ボーナス20%に加え、女帝を引けば最大201%の熟練度UPになります。

201%

伝授ボーナス20%は、伝授したランクになると消滅するので、R14からは普通に上げていくことになります。
ちょっと損した気分になりますが、なんとか頑張ってR15で錬成すると・・・

錬成後

あれ!

また 伝授ボーナスの熟練度獲得20%UPが追加されてる!

すごい得した気分w

たぶん錬成R13までボーナスあるんだろうね^^

知ってる方も多いかと思いますが、今回初めての体験でしたので報告いたします!


しゅんす


2018_05_10


こんにちは、リミックスです^^


今回は造船の部品という、ちょっとニッチなテーマを記事にしたいと思います。

きっかけは、造船を依頼してくださる方が多いのは幸せなんだけど、
その方たちが造船部品に目を向けてくれたら、もっと安く済ませられるのに、
知らないのはもったいないなーと思ったことです。

皆さん話を聞いてみると、生産(縫製、工芸、鋳造、調理、保管)は頑張って上げてるみたいで、
なのに、その後は全然使ってない、みたいなことをおっしゃってます。
(調理はお弁当、鋳造は海事の大砲、を作るのに使う方も多いようですが)
要は「管理スキル上げのために、生産スキル上げをした、なので、生産そのものは使わないんだ」ということのようです。

せっかくなので育てたスキルを使いましょうー、ということで、
今回は造船部品と生産スキルの関係についてお話しします。

「各生産スキルと部品」
まず、我々造船家達がよく使う部品(生産できるものに限る)をスキル別に紹介してみたいと思います。
(大字はその中でも船の種類選ばず使うことが多いもの)

1、縫製
ロープ、強化ロープ
大ラティーンセイル、大スクエアセイル、大ガフセイル(中、小も該当します)
投網、舫綱、渡し綱、上質リギング


2、工芸
加工木材、石灰、防汚塗装、マストトップ、大マスト(中、小該当)
提督居室、修理道具一式、診察室、司令搭、船匠室、副官室
工作室、東アジア貿易船倉
特注大型オール、特注軽量オール

3、鋳造
加工鉄材、複動式機関、火薬庫、改良大型砲門(中、小該当)
轟音機雷、特殊機雷

4、調理
調理室

5、保管
貯蔵庫、金庫、特殊船倉

ざっとこんな感じでしょうか。ある程度のスキルランク(ブースト可能)があれば、
上記の部品は自分で作ることができます。



「部品を作るとどれだけ節約できるか」

1つ何か例にしたいと思います、そうですねえ、造船する際に一番多く使う「帆」にしてみましょうか。

何の船でも良いのですが、私が大型船の造船依頼を受けたとします。
そうすると大抵、大スクエアセイルを2つ、大ラティーンセイルを4つ、使うことが多いです。
(大ストームセイルという生産できない部品も使う場合)

それら6つの帆は自作すると無料に近い値段でできます。
もしショップで買うと(わたしショップ買いしないんで最近の事情は分かりませんが)、6つで30mくらいすると思います。

大ストームを使わない場合は、10枚の帆を使ったりしますので、50mくらいかかりますね。

帆だけでそれだけ節約できるのです。
そして、帆は造船するときに、速度を上げるために使う部品なので、それを使わない造船はありえません。

もう一つ他の部品を見てみましょうか、旋回を上げるための部品でよく使われるのが舫綱(もやいづな)です。
詳しいことは省きますが、交易船はとくに舫綱にはお世話になります。
移動用、海事用も設計によっては多く使います。
わたしは1隻にだいたい6、7個使うことが多いです。

これも自作するなら、ほぼ無料でできますが、
ショップで全部揃えるなら40mくらいかかります

ですので、帆と舫綱だけでも自作しておくと、100mくらい節約できることになりますねー^^


カスタム造船になって、数値マックスが当たり前になってきた風潮があり、
旋回、対波はどの種類の船でもマックス強化を依頼される方が増えましたし、
わたしも設計段階でオールマックスを念頭に計画してます。

ご自身では造船しないで、依頼をされる方、
節約という意味で、ご自身で作れる部品は用意してみるのも良いのでは無いでしょうか?


まぁ、わたしの本音は、お金のことじゃなく、
丸投げで作られた船より、少しでもご自身が携わった船の方が、
愛着わくんじゃないかな、という思いなんですけどね。



わたしのの船はほとんど材料から作ってる船だから愛着がわいて、
乗り換えてもなかなか捨てられないで、枠に困るって側面もありますがw




2018_05_01


04  « 2018_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

bonamigo

Author:bonamigo
大航海時代オンライン(DOL)A鯖リスボンに商会をかまえるボン・アミーゴ商会のブログです。
商会でのできごとや造船レシピ等を紹介していきます。

砲門数

検索フォーム




page
top