こんにちは。しゅんすです。

相手からどう見えているか
つい先日、他キャラに顔を向けた時、相手からはそれがわからない、ということを知りました!
これからはどんどん他キャラを覗きにいこうと思いますw



申し遅れましたが、当ブログは先月開設1周年を迎えることができました。
これもひとえに、いつも閲覧してくれる方々、寄稿や話題を提供してくれる商会メンバー、フレの皆様のおかげでございます。
ありがとうございます^^


「いつの間にやら1年か・・・」とブログを見返していたら、開設当初に僕が寄稿したものすごく中途半端に終わっているオーナメントの記事を見つけました。
しかもこの記事、Googleで「DOL オーナメント」と検索すると、なぜか2番目(wikiの下)に表示される!

やべえええええ・・・

これはいかん、これはいかんよ!

てことで、今回はオーナメントの話w
海事メインのしゅんすのオーナメント室をちょこっといじったお話です。

現在のオーナメント室の展示はこんな感じ。
オーナメント現在

黄色枠のところが合計ポイント。
10ポイントでR1の効果、30ポイントでR2の効果が得られます。

これを見ると、『奇襲・強襲率減少』のポイントが足りず、『スキル効果時間延長』のポイントが余っていることがわかりますね。
『奇襲・強襲率減少』は奇襲を100%防ぐため、警戒スキルや高層見張り台が不要になるという、ものすごく有用なスキルです。

まあ多分、1年前はオーナメントを入手するのが面倒だったんだと思いますが、1年経って、オーナメント室の有能ぶりも充分理解しましたので、そこを改善していきましょう。

wikiとにらめっこをすると、象嵌青銅器ニャブラハム(奇襲強襲+4、行動力+4、災害+4)へ変更するだけで改善できるのですが、ニャブラハムは別キャラで使っているため手元にありません。w

となると正攻法でいくしかないですね。

もう少しwikiを見ていてら、象嵌青銅器サリエラ卓付に、キング・プロテアを門松へ変更すると条件を満たすことがわかりました。

オーナメント変更後

門松はログインスタンプで入手できたオーナメント引換券(no.1)から選べますが、サリエラ卓付は、サリエラ自体をオーナメントにしちゃっているので、卓の元となる「大理石のテーブル」を発見済みの別キャラで発見しに行くことにしました。

久しぶりに冒険することになったわけですが、ブースト装備を探したり、取り替えたりというのが結構楽しかったりします^^
ちょうどウェルカムバックキャンペーンで3アカ目が有効だったので、3キャラで発見しに行きました。

サリエラクエ
サリエラ発見のクエ。要求スキルは高いけど内容は簡単。移動も楽^^

サリエラクエ2
顔をそむけるロッシとの陸戦があります。手下はしらんぷり。

卓付
ゲットしたサリエラと同じく発見物の大理石のテーブルをマルセの工房職人へ持って行って、サリエラ卓付のオーナメントにしてもらいます。

オーナメント室変更後
無事設置を終え、奇襲・強襲率減少が有効に!
オーナメント有効


爵位
余談ですが、今回のサリエラ発見で、ほとんど冒険をしていなかったキャラに爵位が与えられ、ちょうどオーナメント室を持てる二等勲爵子になりましたw

【オーナメント室備考】
※オーナメント室は、R5のアパルタメントに自動的に作られます。爵位が二等勲爵子以上であればアパルタメントをR5へ改装できます。
※オーナメント室に同じオーナメントは展示できません。


しゅんす



スポンサーサイト
2018_02_17


こんにちは。しゅんすです。

テルシオ
使い道の分からないアイテムグループ 
会員no.1:テルシオ防陣図



少し遅い話になりますが、正月の初売り迎春祭2018のゴージャスロットから、かぎ爪ガントレットという手装備品を入手することができました(厳密には、かぎ爪グリーヴと交換してもらったんですがw)。

このかぎ爪ガントレットは、貫通ブーストがついた初めての手装備です。

かぎ爪

しかも+2!

これはあれです。
ナイトサバトンを持っていない僕でも、上級士官で貫通をR19にする選択肢が増えますね^^

てことで、早速チェック!

まずは、今まで上級士官で、砲術、弾道、水平、回避をR20、貫通をR19にしていた装備パターン。

従来の貫通R19

おそらく、ナイトサバトンが無い状態ではこれしかなかったものと思われます。
※装備の攻撃力、防御力は、変性錬金で+31した数値を入力しています。

このパターンだと、装備品の収集はそんなに苦労しません。
うまくいけば、どれも商館ショップに売ってそうなメンツです^^
ただ、アクセサリーに使用時効果がないので、耐久管理が大変。
あと、攻撃力と防御力がゼロなのも難点で、頻繁には使いづらいものがありました。

で、そこに現れたのがかぎ爪ガントレット

どんなパターンが考えられるでしょうか。

ガントレット貫通R19その1

このパターンでは、アクセサリーが淡水海上戦記に変わったため、耐久管理はしやすくなりました。
ただ、足装備にロットから出る氷塊の雄のブーツが必要になってしまいます。


なので、次に入手しやすい装備でのパターン。

ガントレット貫通R19その2

これだと、攻撃力と防御力の数値も上がっていてバランスがいいですね^^
一番入手しづらいのはカッツバルゲルでしょうが、無くても回避+2の武器は結構ありますので安心ですw


大学SSの砲撃補助4種を外したパターンも考えてみたのですが、どうしても弾道学とか回避がR19止まりになってしまうので、公表は控えさせていただきますw


しゅんす


2018_01_31


こんにちは。しゅんすです。

ニーダウン空中浮遊
この前のBCで撮影したニーダウン空中浮遊。僕だけできなかった・・・;;


さて、2017年最後の投稿は、『最速の交易船を探せ!』です。

この前、個人的に移動最速船を決定した(?)ので、今度は南蛮交易用の最速船を見つけることにしました。

ここ数年、南蛮貿易はウインドジャマーが愛船でしたが、スーザンコンスタントというジャマーより容量の大きい船が登場したからですね(スーザンコンスタントの強化についてはリミックス会長(仮⇒真)の記事にありますのでご参考ください)。

現在乗っているウインドジャマーはFS時代に造船して、アプデ後にちょこっと強化した+20%のものなので、この船を+25%増量に追加強化し、新たに+25%のスーザンコンスタントを造って双方のタイムを測ろうかと思ったのですが、乗るかわからないスーザンコンスタントに「南蛮優遇」や「蒸気機関」を付与するのはもったいないと思い、ウインドジャマーとスーザンコンスタントを+25%で新造し、シップリビルドG1の倉庫強化を付与してから、縦帆、横帆、旋回、対波、倉庫をマックスに強化した状態でタイムを計測することにしました。

ジャマー_25
コンスタント_25
船比較

表の帆数値は、強化フルリグドセイルを装備したもの(ジャマー×5、スーザン×3)。
また、各数値はG1時のものなので、最終的にG3にすればもう少し増加します。

ご覧のように、ジャマーは帆性能が良く、スーザンは旋回、対波、装甲、倉庫が大きい。
ジャマーの方が速そうですが、装甲値による加速、わずかですが対波が大きいスーザンがどこまで頑張れるか、というところでしょうか。
どのような結果が出るか楽しみです^^

なお、プレイヤーの条件は次の通り。
OPスキルの「蒸気機関」と「加速強化1&2」が無い以外は前回とほぼ同じです。

職業 : 操船士
スキル :操帆R17    
大学SS : 航行速度上昇1~4
装備 : 錬金術師のジャケット(航行速度上昇R5)他
お守り : 風霊のペンダント(20%UP)


計測コースも前回と同じ、リス⇒北大西洋侵入時⇒アンティル諸島沖侵入時 
計測航路

積荷は、速度上昇率を一定にするため資材で満載にしました。
積荷


それでは結果を発表。

交易船タイム計測

やはり、スーザンの方が加速がいいのか、北大西洋侵入時までは帆数値の高いジャマーと同タイムですね。
しかし、その後はジャマーがスーザンを引き離す結果となっています。


表題の通り、『最速の交易船を探せ!』ということであればジャマーで決まりです。

が、表題がややこしくなるから書かなかっただけで、僕が本当に見つけたかったのは、
最高効率の南蛮交易船

できるだけ速く、積載量が多い船が欲しいのですw


という観点からだと、どうですかね、この差。

上の航路図に示したB⇒Cは、双方がトップスピードになった状態と思われ、そこで発生したのが9秒の差です。

そこで、僕のいつもの南蛮航路(泉州⇒リスボン)にB⇒Cの距離を照らし合わせたところ、B⇒Cの距離のおよそ5.5倍ということがわかりました。

てことは、泉州⇒リスだと、だいたい50秒の差になるのかな・・・どうなのかな・・・


う~ん・・・

やっぱりすっきりしないので、もう南蛮航路もタイム測ろう!


と決心し、商茶で「今日は模擬休みます―」と報告すると
「え?おかしくない?いったいなにしてんだ!」
「よからぬことを企んでるのでは・・・」
と疑われる始末w

どんだけ模擬してると思われてるんでしょうか・・・・そっちの方が問題だよ・・・

南蛮航路
僕の南蛮航路(泉州⇒リス)


南蛮航路は距離が長いので、愛用の20%増量ジャマーとさっきの計測で使用した25%増量スーザンをG3まで強化して計測を行いました。先ほどと異なる条件は、スーザンが蒸気機関を発動できるようになっている点です。


まずは、20%増量ウインドジャマーのタイム。

南蛮用ジャマー

泉州⇒リスボン 
タイム:33:23 
総積載量:2606


次に25%増量スーザンコンスタント

コンスタント_25G3

泉州⇒リスボン 
タイム:34:20 
総積載量:2667


結果として、タイムは57秒の差でした。

んで、積載の差は61

僕はいつも湖筆の相場が115%以上の時に売り抜けているので、だいたい1個当たり70Kの販売価格になります。
湖筆70K

積載61は、合計で4.27M。

およそ1分の遅れで4.27Mの売り上げが増加します。
スピード狂でもない限り、スーザンコンスタントに軍配が上がる気がしますね^^

もしウインドジャマーが25%増量だったら、もう少しタイムの差は小さいでしょうからなおさらです(倉庫の差も縮まるけどw)。

結論 : (僕は)南蛮貿易はスーザンコンスタントで!!!

年の瀬にすっきりできてよかったw
すーzん

それではみなさん、よいお年を!


しゅんす



2017_12_30


こんにちは。しゅんすです。

Bクエ消化中
3キャラでボーナスクエ消化中の一コマ。カルガモ親子のようw


今回は表題の通り、最速船についてのお話。

僕の好きな船に哨戒型コルヴェットがあります。
FS造船時代にサルベージ用を造り、サルベの時はいつも乗っています^^

計測中

で、乗っていて思うのですが、出足が明らかに速いんですよね。
でも、トップスピードはロンスクよりちょい遅い気がする。

出足の速さは、装甲値が高いからかな、トップスピードが遅く感じるのはやっぱ帆性能だろうな、と思いながらも特に調べずにいたら、今度はマルタ騎士団ガレーとかいう戦闘艦のくせに最速の可能性を秘めた反則ガレー船が登場してきたので、こうなったら白黒はっきりさせてやろうと思い、マルタ、ロンスク、コルベ3隻のタイムを測ることにしました。

マルタがトップになったら、さすがのリミックス会長(仮)も、非合法的にはコーエーテクモに抗議メールをストー●ー並みに送信したり、合法的にはコーエーテクモの大株主になって、株主会議で修正を迫るんじゃないだろうか・・・

と、そんな心配で気が気じゃなかったんですが、とにかく計測することにしました。

航路図

リスを出航して、舵を切らずに直進するとメリダの目の前に到達するのは有名ですが、今回は、その航路を使用しつつもメリダまで行くのはめんどう時間がかかるので、アンティル諸島沖へ侵入した時点までを計測。
航路の半分以上を占める北大西洋は常に逆風なため、哨戒型コルヴェットにはつらい戦いになるかもしれませんが、アゲインストの勝負に勝ってこそ最速の称号が得られるのですw

使用した3隻のスペックはこちら。
いずれも25%減量しています。

マルタスペック
ロンスクスペック
コルベスペック
船スペック

帆数値は圧倒的にロンスク有利ですが、装甲値の差がどこまで響くかというところかと思います。
装甲値の+60は、削剥シーダー20板を3枚装備の意味です。
また、積荷は水・食糧も載せずゼロで計測したので、対波数値は影響しません。


なお、プレイヤーの条件は次の通り。

職業 : 操船士
スキル : マルタ…操帆R18、漕船R12(錬成) ロンスク、コルベ…操帆R17    
大学SS : 航行速度上昇1~4
装備 : 錬金術師のジャケット(航行速度上昇R5)他
お守り : 風王のペンダント(30%UP)

ロンスク、コルベの時に操帆スキルがR17なのは、蒸気機関発動のために装備を変更しているからです。
装備


計測時の季節は冬。
出足の速さも比較したかったので、北大西洋侵入時のタイムも計測しました。

では~ 早速結果を発表~

計測①

予想通りなのかわかりませんが、第一チェックポイントの北大西洋侵入時のタイムは、ロンスクが遅れをとっています。
差はたったの1秒ですが、装甲値による出足の速さが影響しているのではないでしょうか。

で、ゴールのアンティル諸島沖侵入時は、やっぱりロンスクがトップで、11秒差でマルタが2位、期待していたコルベは、トップから33秒差のビリという結果となりました。

結局ロンスクか、ロンスクなのか・・・

本当はロマンを求めたいのに、どうしても効率を求めてしまう僕は、これからもずっとアジの開きのようなフォルムの船に乗り続けなければならないのか・・・

・・・いや、まだ可能性はある!

と、遠距離ではなく、リス⇒ロンの委任航行のタイムも計測してみました(蒸気機関はスタート時のみ使用)。

計測②

なんと、ロンスクが最下位!

こ、こここ、これよ!

こういう結果を待っていたのです!w


今回の計測で、遠距離はロンスク、近距離はマルタが最速という結果となりましたが(計測したの3隻だけだケド)、

遠距離 : リス⇒アンティル諸島沖 はロンスクが最速(マルタとの差11秒)
近距離 : リス⇒ロン(委任) はマルタが最速(ロンスクとの差20秒)


タイムの差を見ると、遠洋航行もマルタでいいんでないかな、という気がしますね。漕船錬成が条件にはなりますが・・・


ああ、でも哨戒型コルヴェットではなく、マルタね、マルタなのね・・・


マルタは戦闘艦だよ!

至急、マルタの修正求ム!!!
(いろんな方面でw)

早くしないと、リミックス会長(仮)が大株主になっちゃうヨ!!!


しゅんす


2017_12_15


夏に続いてまたまたボーナスクエで造船素材がもらえることに@@

前回やろーやろーと思って書かなかった
ボーナスクエについて記事にします^ ^

ボーナスクエの仕組みについて
1、月曜日から金曜日までの5日間で4回ボーナスクエを達成する

2、1を満たすと土日で各1日ずつボーナスクエが出現するのでそれをこなす
⇧これが週末達成、土日でそれぞれカウント、両方達成すると2回となります

3、週末達成回数を、その月に5回にすると月間達成

今回のボーナスクエキャンペーンは、
8月と同じで、週末達成で大ストームがもらえるアイテム、
月間達成で課金部品がもらえるアイテムです



達成しやすいボーナスクエについて

私見で達成しやすいボーナスクエをEUを中心に記します


【月曜日】
ロンドン 石炭 10工房へ
アムステルダム ライ麦 3工房へ
マルセイユ 革ひも 10道具屋へ
セビリア 撤収の鐘 5探検家へ
セビリア ハム200 商人ギルドマスターへ(商人転職クエ)
セビリア ワインビネガー 1街娘へ(スクールと書庫の間にいます)
リスボン 豚肉 40交易店主へ

【火曜日】
リスボン ワイン 10酒場マスターへ
リスボン 撤収の鐘 5探検家へ(冒険ギルド前)
ジェノバ 火薬 10王宮へ
サンフランシスコ ピューター ロンドン工房へ
セビリア 干しブドウ 30交易店主へ

【水曜日】
リスボン マスタード 5バルディ頭取へ
リスボン 卵 1バルディ頭取へ(レシピもらえるクエです)
リスボン 乳 5街娘へ
セビリア 鉄材 5武器職人へ(造船所)
ロンドン 革ひも 10道具屋へ
ジェノバ 弾丸 10王宮へ

【木曜日】
リスボン 大砲 5王宮へ
リスボン 木材 5海事ギルドへ
リスボン 小麦粉 10酒場マスターへ
セビリア ガーリック 10酒場マスターへ
セビリア 木材 5出航役人へ
ロンドン 木材 5製材職人へ(造船所)
ロンドン チーズ 5酒場マスターへ
ヴェネチア 陶磁器 10王宮へ
ヴェネチア ミツバチの巣 4交易店主へ
アレクサンドリア パピルス 5学者へ
堺 東アジア西部の海域戦闘

【金曜日】
リスボン 冒険者とは(冒険クエ:希少クエ?)
ロンドン 大麦 10工房へ
ロンドン 仕込み爆薬 5私掠海賊へ(海事ギルド前)
セビリア 両手剣 5王宮へ
セビリア オリーブ油 5エルグレコへ
堺 東アジア東部の海域戦闘
カリカット インド西岸の海域戦闘

【土曜日】
ロンドン 撤収の鐘 5探検家へ
ロンドン 羊皮紙 10シェークスピアへ
ロンドン レスター伯爵絡みの情報クエ
アムステルダム マスケット銃 5王宮へ
アムステルダム アルケブス銃 5王宮へ
リスボン 魚肉 100王宮へ
リスボン 革ひも 5道具屋へ
セビリア 蜂蜜 5王宮へ
セビリア パセリ 10酒場マスターへ
マルセイユ 洋書 3ラブレーへ
ヴェネチア ワイン 10酒場マスターへ
カリカット インド南岸の海域戦闘

【日曜日】
リスボン ワイン 200交易ギルドマスターへ(転職クエ)
ロンドン 短剣 5王宮へ
セビリア ガーリック 10酒場マスターへ
セビリア 革ひも 10道具屋へ
セビリア 木材 5出航役人へ
セビリア セロリ 10酒場マスターへ
アデン マッサワとの往復
カリカット 紅茶 5ロンドン娘へ(広場の劇団員にダメ出ししてる子)
サントドミンゴ テキーラ 10酒場マスターへ
サントドミンゴ アンティル諸島沖の海域戦闘

取り急ぎ、記事を上げます
情報が正確じゃないことも含め、
ちょくちょく修正、追記します^ ^

アミーゴのBクエマスター、ふれさんにも追記お願いしたいわw

スマホから頑張って書きましたw
文の体裁など、ご容赦をw
2017_11_08


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

bonamigo

Author:bonamigo
大航海時代オンライン(DOL)A鯖リスボンに商会をかまえるボン・アミーゴ商会のブログです。
商会でのできごとや造船レシピ等を紹介していきます。

砲門数

検索フォーム




page
top