こんにちは。しゅんすでございます。

冒険再開
そろそろ冒険再開しないとなあ、と思いつつ新規キャラの育成を始めちゃいました^^;

年末まで多忙を極めていたルークさんにようやく時間ができたようで、25%減量、オールマックスのマルタ騎士団ガレーの製造を依頼されました。
課金アイテムをしこたま蓄えているルークさんらしく、使用する量は惜しまないとのこと。
さすがですw

と、ここで、FS造船からカスタム造船へ変更になってからの造船用課金アイテムの在り方について考えてみました。

おさらいになりますが、カスタム造船から、規定回数を超えた強化ができるようになっています。
規定回数を超えた強化は回を重ねるごとに成功率が減っていきますが、課金アイテムを使用するとその成功率は100%になります。

なので、僕の場合は、成功率が30%の10回目までは頑張って、成功率20%の11回目から課金アイテムを投入することが多いです。
一度20%を頑張ってみたんですが、毎回50Mの費用がかかるうえに、8回ほど失敗しましてね・・・。

ドゥカートは溶けるわ、自分でバザ買いを繰り返したせいで強化アイテムは高いのしか残らなくなってくるわ、精神衛生上よくないんすよね!w

まあ、そんなことがあったもんですから、この話では11回目の強化から課金アイテムを使用するとします。


では、課金アイテムを含んだ1回の強化にどんな組み合わせが考えられるでしょうか。

【例1】
主帆 : 特注ストームセイル(横帆+30、対波+3)
兵装1: 舫綱(旋回+3)
兵装2: 舫綱(旋回+3)
合計 : 横帆+30、旋回+6、対波+3

【例2】
主帆 : 大ストームセイル(横帆+20、対波+4)
兵装1: 舷側水槽(旋回+2、対波+3)
兵装2: 舫綱(旋回+3)
合計 : 横帆+20、旋回+5、対波+7

【例2】のように、舷側水槽大ストームセイルを組み合わせると、1度の強化でかなりの上昇を見込める感じになりますね。

でもね。

【例2】で見込める高い数値は、「1回の強化で見込める数値」であって、これが11回目以降の強化だと話が変わってきます。

造船家であればおわかりでしょうが、次の2つの要素があるためです。

①10回目の強化までに帆数値の強化がだいたい終わっている
②失敗の無い5回目までの強化で大ストームセイルを投入できる

特に②の影響が大きいと思います。
少し前まで貴重品だった大ストームセイルがこれだけ市場にあふれている今の状態では、1回目から5回目までの強化で毎回大ストームセイルを投入することも可能です。

となると、5回目までに主帆パーツだけで、対波+20を期待することができます。

対波は、大型2の冒険船で+27、交易、海事船で+25が強化上限ですから、11回目以降の強化で【例2】のようなパターンを毎回行うことはないわけです。


次に、ボーナスクエの報酬になったことから、今持っている人が多い匠の船素材発注書(NO.1)からゲットできる造船用課金アイテムについて考えてみました。

匠の船素材発注書NO1比較

11回目以降の強化で、帆数値と対波がそれほど必要ないとすれば、この中で有効なアイテムは、特注ロープ強化兵員室になるのかもしれません。

個人的な見解ですが、

冒険船は課金アイテムを使わなくても満足のいく船が造れます。

交易船の場合は、シップリビルドボーナスで倉庫強化を選択しないなら、船尾部拡張倉庫が有効になるかもと思ってシミュレーションしてみたんですが、25%増量にしても、10回強化で帆、対波、倉庫はマックス(旋回のみ-2)にすることができそうなので、25%増量船で旋回もマックスにしないと気が済まない人か、強化10回目の成功率30%にストレスを感じる人くらいしか使いそうにありません。

つまりですよ・・・

造船用の課金パーツは、海事船にしか使わない

と、思うわけです。

それも、複数の課金パーツが必要になるのは、主に船室を強化する場合です。

帆船で船室を増やすつもりがないのであれば、課金パーツは1、2個で済みますからね。

となると、匠の船素材発注書(NO.1)で選択できるアイテムの中で一番有効なのは、強化兵員室なのではないかと思います。

次点で、
帆数値と対波の調整用として、特注ストームセイル特注バミューダセイル
耐久、装甲の調整用として、特注ロープ
と言ったところでしょうか。

FS時代、DGSや特注スカイセイル舷側水槽はかなり有効でした。

限られた強化回数の中で、海事船なら旋回を、交易船なら対波を優先させることが多かったためですね。

今でも有効であることに変わりはありませんが、その重要度は低下していると感じます。

なんか・・・ちょっとさびしいなあ・・・


しゅんす



スポンサーサイト
2018_01_20


こんにちはー、リミックスです^^
2018年、今年もよろしくお願いしますー^^

新倍加
もう先月のことですが、12月アカデミーに出場してまいりました^^
海戦と被ってばかりいて、最近全然出てなかったので、すごく楽しかったですー^^
結果は・・・
土曜日  12戦8勝4敗(30分遅刻でした;;)  ロスト:ダヴィデ、フリージアン、キツネノカミソリ、シュメールの戦車
日曜日  15戦7勝7敗1分  ロスト:ゴリアテの剣、ジプシーバナーホース、死海文書、シュメールの戦車、アムステルダム、
                        ブードゥー教の十字架、ヒカリキノコバエ
そう簡単に、2桁勝利とはいきませんなぁ;;
総括
・フルセットまでもつれて、最後力尽きることが多かった、これはボロ負けしてた以前より良くなったと評価。
・先に3勝して、4連敗というフルセットも何回かあり。そこは押しきれない自分の弱さ、今後がんばる。
・明らかに3枚目の選択をミスったことが3回、今後に生かそう。
・倍加が手元に2種類選択できるときに、結果論としては間違ったほうを打った。
・コンボの2枚を出す順番、勉強になる1戦あり。
・弱体、強化、ボーナス変更のポイント以外のコンボで勝てるようになってきた、これも評価。
・日曜日は1勝5敗から巻き返して7勝まで持ちこめたのは、がんばった。
・ロストしたあとの対応は、相変わらず考えが浅い。

次回もがんばろうw


  
さて、前置きが長くなりましたが本題ですw
前回の記事に引き続いて今回は、よりディープ(迷走?)な内容になっております。
特に道中は、自分なりに理論を作る過程なので、
正直読んでもらっても意味ないのではないでしょうかw

今回の記事のきっかけは、以下のSSのときでした
巡航ハイクリ減量ビックリ


巡航ハイクリをペナあり造船しようと思ったときのことです
帆を25ずつ、波を5ずつオーバーさせる強化を確定して、
さぁ、いよいよ減量だぜ、容量を最小に、ポチっと・・・


あれえええええ!? -30、-6ってなんだあああああ!!??

商茶で聞こうにも、造船家の方たちはインしてなく、
ソシュさんとかに聞いても「わかんない」とのこと。

戻ってきたしゅんすさんに「あー、あるね、あるある。けどよくわかんないや」
と言われ、ちょっと自分で色々確かめてみることに。

とりあえず、手持ちの船を追加強化の画面で、最大減量、最大増量を片っ端から試してみると

帆と対波、漕力のペナが
①増量減量ともに、-25、-5になる船
②増量時 -20、-4  減量時-30、-6になる船

の2種類が存在していることがわかってきました。

おー、なるほど、2パターンの船がこの世界には存在するのね。
で、巡航ハイクリは減量するとき-30、-6で計算しておかなきゃいけない船だったのかぁ・・・
同じ船の造船4隻目にして初めて知った事実というのもダサいけど、まぁ良い経験になったなぁ。

などと思いながら、じゃあ、この2パターンの船の違いはなんじゃろ??
と考え始めてしまったのがいけなかった・・・


結論めいた仮説
ていうか、これ以上考えても誰得なので、もうこれで良いんじゃね?という感じのこと

まず、キーになる考え方を先に述べます。

増量、減量において、○○%増量、減量、といったかたちで、造船家の方々はイメージしていると思いますが、
変化させた値、ではなく、変化した結果の値、を見てあげるようにすると今回のテーマは分かりやすくなるはずです。

おそらく普段皆さんが考えてるのは
20%減らした→80%になった。 
ということだと思うのですが、それを逆にした方がいいです。
80%になった→20%減らした。


これね、同じように見えて、全然違うんですよ・・・



2種類の船の違い

まず2種類の船の違いを理解してもらいたいと思います

前回の記事の中央値の求め方=(可能範囲の上限+下限)÷2
を使うと以下の2種類の船に区別されることがわかりました。



①中央値が整数=可能範囲の下限+上限が偶数の船→中央値は計算結果そのもの

②中央値が小数含む=可能範囲の下限+上限が奇数の船→中央値は計算結果を切り上げて整数としたもの

上限 中央値×1,21の数値を切り捨て
    切り捨てしたことで120,○○%の増量になり、ガウス数が判定に用いられ120%増量と見なされる。

下限 中央値×0,8=小数点以下は切り捨て



2、可能範囲

①中央値が整数=可能範囲の下限+上限が偶数の船

中央値×0,75(最大減量)、中央値×1,25(最大増量)ともに整数になることから、
どちらのペナでも25%ちょうどの変化になるので、-25、-5のペナルティになる。


※中央値が4の倍数じゃない船は実はそうならないのですが、
調べた範囲ではこのパターンの船の中央値は調べた感じだと、全て4の倍数なんですねー
これも無駄な発見w
そうじゃない船があったらごめんなさいw

②中央値が小数=可能範囲の下限+上限が奇数の船

以下の計算式で可能範囲が定義されます。
中央値  
    ⅰ (下限+上限)÷2
    ⅱ ⅰの値(○○、5)になってるので、それを切り上げ→これがペナ判定の中央値になります

上限
    ⅰ ペナ判定の中央値に対して×1,25
    ⅱ ⅰの値が小数を含むので切り捨て
    ⅲ 切り捨てしたことで、124、○○%の結果となるので、ガウス数が使われ124%の船、
       すなわち24%増量したことに。
    ⅳ 結果ペナルティがー20、-4となります



下限
    ⅰ ペナ判定の中央値に対して×0,75
    ⅱ ⅰの値が小数を含むので切り捨て
    ⅲ 切り捨てしたことで、25%より多く減らしたと見なされます。(=25、2%とかね。)
    ⅳ ここが大事なんだけど、結果のパーセントが74%台になるので、ここでガウス数が使われ74%の船、
       すなわち26%減量したことに。
    ⅴ 結果ペナルティがー30、-6となります。

    
具体例

ウインドジャマー
可能範囲 686-1143
中央値の決め方
     ⅰ (686+1143)÷2=914,5
     ⅱ 914,5を切り上げるので、中央値は915

最大増量
     ⅰ 915×1,25=1143,75
     ⅱ 切り捨てて1143
     ⅲ 1143÷915=1,2491
     ⅳ 124,91%のガウス数は124
     ⅴ 124-100=24  24%増量してると判定されます。
     したがって、ペナルティが-20、-4

ジャマー増量


最大減量
     ⅰ 915×0,75=686,25
     ⅱ 切り捨てて686
     ⅲ 686÷915=0,7497
     ⅳ 74,97%のガウス数は74%
     ⅴ 100-74=26  26%減量してると判定
     したがってペナルティが-30、-6

ジャマー減量

とまあ、こんな感じになるようですね〜(*’U`*)

ということで、普段ペナあり造船に慣れてない方、
最初に1度ペナルティを確認してから造船計画を立てましょう(*´~`*)

年を跨いでの記事になりましたが、今回はこんな感じで〜〜

2018年もよろしくお願いします(ノ´▽`*)b☆
2018_01_07


こんにちは。しゅんすです。

海賊大戦初参加
初めての海賊大戦参加記念!
拾っていただいたるりはさん、ニコファイ商会さんに感謝です^^



最近ガレーばかり造船している気がします。
それもこれも、明らかにマルタ騎士団ガレーのせいw

帆船並みの耐久と装甲数値を持つこの船のおかげで、特に漕船を錬成している人は帆船に乗る意味があんまりないような気がします。

でもマルタ一辺倒だとつまらないので、なんとか帆船に乗ることに意味を持たせたいと思い、wikiを参考に大型戦闘艦の比較をしてみました。

まずはスペック。
下表の青枠はグレード3でマックス強化をした場合の数値です。

【大型戦闘艦強化後スペック比較】
戦闘艦比較

やっぱり、マルタ騎士団ガレー(上から2番目)の数値はいいですね。
スペックがその他の船と同等なのに船室が多いから白兵も安心できる。
でもって、漕船を錬成している人は機動力も帆船の比ではないわけです。

しかし、それではあまりに面白くないし、最強の帆船を一隻は持っておきたいという思いから、頑張って造ってみることにしました^^;

テーマは、『マルタ騎士団ガレーより乗りたくなる帆船』です。

もう一度表を見てみると、装甲と耐久力はマルタを上回っている帆船がいくつかあることがわかります(赤字)。

両方とも上回っているのは、ソレイユ・ロワイヤル(67/1465)セント・ローレンス(66/1479)アサルトフリゲート(67/1472)ですね。

装甲よりは耐久が優先と考えると、ヴィクトリー(65/1472)も選択肢に入ってくるかもしれません。

スペック面ではこの4種に絞るとして、次に各船の付与可能なOPスキルをチェックしました。

戦闘艦OPスキル

※オスマンガレアスは、漕船補助も付与できます。
黄、青、オレンジの色がついているものは、以前の記事で紹介した艦隊戦で重要なOPスキルです。

付与可能なスキルで見ると、サン・フェリペとヴィクトリーが優秀ですね。

でも、サン・フェリペの造船には飽きてるし(w)、ヴィクトリーは使ってる人が多そうなので、今回は超大型の2隻に狙いを定めることに。
スペック的には、耐久がNO.1のセント・ローレンスがいいかなと思ったのですが、リミックス会長(仮)も紹介していたので、今回はアサルトフリゲートを造ることにしました。

船が決まったところで、次に付与するスキルを考えます。

重要度で行くと、強化で「排水ポンプ」、スキル継承で「斬り込み防止網」、専用艦で「機雷除去」の付与となるのですが・・・

まあ、そのスキル構成だと、たぶん乗らないだろうなと思ったので、強化を「轟音機雷」、スキル継承を「水密隔壁」へ変更し、さらにマルタより優れている耐久をより際立たせるため、シップリビルドで「装甲艦改装」を選択することにしました。

これなら、『今日は轟音使ってみたいな』というときに乗ることもあるでしょう^^


【アサルトフリゲート】
コンセプト : マルタ騎士団ガレーより乗りたくなる帆船
目標 : 縦帆、耐久、旋回、装甲最大。減量-25%。


造船 : ボストンにて、平甲板型大型船体ヴェネツィア軍公用装材で特殊造船

アサフリ建造

造船後、アントワープへ移動してシップリビルド
船形式:戦闘艦(耐久+40、漕力+1、装甲+4、船室+2)
G1ボーナス:水密隔壁継承(広船から継承)
G3ボーナス:装甲艦改装

次に、商会開拓街へ移動し操船熟練度上げ。

本拠地に戻って強化。
レシピはこちら。
課金アイテムは一つ使っています。
アサフリレシピ

強化後の数値はこちら。

強化結果
横帆の大成功が多くマックスまで届いています。
強化での倉庫減は、中間値より12少ない‐52でしたが、船大工に改造を依頼すると・・・

アサフリ倉庫1
倉庫を1にできる???
このままだと飲まず食わずで戦闘させる超ブラックな船に!

アサフリ完成
急いで側砲を90門に設定しましたが、それでも31か。
バルシャより少ないw

倉庫31のアサフリ。加速が良いことを期待します^^


しゅんす



2017_12_22


こんにちは〜、リミックスです^ ^

とある日のこと、るりはさんからペナルティありの造船のことについて質問されました
明くる日、全く偶然でペナあり造船で気づいたこともあったので、
2回に分けて記事を掲載したいと思います^ ^


第1部はぺナあり造船の概要についてです
第2部はあるテーマの検証記事になります

検証記事はしゅんすさんの得意分野なので、
放置してたら書いてくれるんじゃないかと、
押し付けたい気持ち満々ですが、
がんばって書いてみたいと思いますw

ではでは、第1部です^ ^
長くて分かりづらいので、造船勉強中の方がいたら、
最後にまとめを載せておきましたので、そこだけ読んでくださいw

1、適正範囲と可能範囲

ロンスク増量


まずそれぞれの船には倉庫容量に関して
適正範囲と可能範囲というものがあります

①適正範囲とは
その範囲内で倉庫容量を変える分には、
造船所親方の負担にならず強化をちゃんとしてくれる、
という範囲です
移動用や海事用は、倉庫を小さく
交易用は倉庫を大きくしたいですよね^ ^


②可能範囲とは
適正範囲を越えて、限界まで減量したり増量したりできる範囲のことです
適正範囲外、ということになるでしょうか
この範囲で造船すると、親方が無理して、結果ぶっ倒れるので、
仕上がりが悪くなります。
その仕上がりの悪さ、それをペナルティと言います



③可能範囲の存在価値とは
ペナルティを受けるなら、そんな範囲で造船しなきゃ良いじゃん。
ごもっともですw
ですが、DOLの世界は
・倉庫が小さいほど速く
・倉庫が大きいほど交易品をたくさん積める
という仕様になっています。

一般的なのは自走しない副官船、これはペナルティを受けていようが、自分で走るわけじゃないですからね、親方に無理させてでも倉庫を大きくしたいですよね^ ^
あとは移動船。レーサーの方などは速さを極限まで追求されてますから、できる限り、それこそ可能な範囲で目一杯減量した船を作りたいのです^ ^



2、ペナルティについて

ではペナルティというのは、具体的にどのようなものでしょう

①帆
%が1変わるごとに縦帆、横帆ともにマイナス5のペナルティを受けます
マックスでマイナス25

②対波、漕力
%が1変わるごとにマイナス1のペナルティを受けます
マックスでマイナス5



3、%の判定について


ここでは実際の船の画面を見ながら理解していきましょう。
といっても、わたしも適当にやってきて、今回改めてその数値の定義など、
電卓をパチパチしながら考えました
自己満足に近いので、まぁ、ほっておいても良いですw
ただ、次回の記事に必要なことでもあるので、ここで一度紹介しておきたいと思います
数値的にキリの良い船なので、今回は海戦の旗用に使ってる曳航用カッターを例に出します

カッター減量


①可能範囲を見てみると180~300となっていますね
どの船もこの中央値を100%として、増減量の%は計算されているようです。

中央値=(最低+最高)÷2  
平均と思ってもらえば^^
カッターの場合(180+300)÷2=240なので、240という値が中央値になります。


カッター増量


②適正範囲を見てみると192~290となっています
240を100%として(24で10%)プラスマイナス20%まではペナルティなしの増減が可能、これが適正範囲というやつです。
よく造船家が「20%増量」とか「20%減量」とか言ってるのはこのことですね。
どの船も中央値を100%として80%~120%まではペナルティを受けることなく造船できます。

20%増量(120%)=ペナ無しで倉庫最大にして多く積める船にするぜよー
20%減量(80%)=ペナ無しで倉庫最小にして速い船にするぜよー


③次回に繋がる話
細かい話になります、正直分かってなくても造船できるので、読み飛ばしていただいても

240の20%は48です(240×0,2=48)
下限を見てみると240-48=192で表記の通りになっています
上限を見てみましょう。240+48=288ですが、表記は290になっていますね。
これはどういうことでしょう?
DOLのこの部分においての%判定は「ガウス数」が使われていることに起因しています。

※ガウス数=その数を越えない最大の整数
(高校一年生の数学の学習範囲です)

20%増量は288なんですが、21%増量は290,4(画像では291になってますが、290,4が正解です)になります。
290と表記されている数字は20、83333・・・%増量、
21%には届かない数字なので、その数を越えない最大の整数、20%として判定されている、ということですね

ここの細かい話は次回の記事でお話ししたいと思います
ちなみにガウスというのは、ドイツの天才数学者で天文学者です。


4、ペナあり造船を実現するためには

ペナメッセージ


帆や対波のペナルティを受けても尚、強化が上限値を越えていれば、ペナあり造船成功となります。
従って、ロンスクを例にとると、帆は縦横両方157+25=182、対波は27+5=32、
これだけ強化できるのであれば、25%減量、最速の船が出来上がるということですね^ ^

ペナのためのオーバー値


5、注意点

ペナルティは1度受けると、そのペナルティは永遠に残ります。
ですからペナあり造船は1発で決めなければいけないと思って良いです。
1度やったら数値は動かせないと思って良いです。
私は強化ごとに適正範囲の最大と最小を繰り返すキャロライナ理論?を
採用してるので、ペナありは最後にしますね^^

6、まとめ
①適正範囲内での造船は特に気にしないで大丈夫
②ペナルティは帆、対波、漕力に対して発生
③帆は-5から段階的に-25まで、対波と漕力は-1から段階的に-5まで
④マイナスされる分の強化もしておかないと、ペナあり造船は無意味
⑤一度ペナルティを受けたら、数値を動かせないと思って良いので一発で決めよう!!


以上、まずはペナあり造船そのものについて、今更記事にしてみました。
誰得な記事だけど、「書いて」と要求した人が責任をとってくれるでしょう・・・




2017_12_18


こんにちはー、リミックスです(^∇^)ノ

エルダ1
エルダ2

以前に他の方の副官エルダのまったりとした喋りを聞いて、
「おー、癒し系か?」
と思い、雇ってみたら、思ったのと違う、外見とキャラが合ってないじゃないか!
・・・という図
なんかさニーナとエルダ、キャラ交換したほうが良かったんじゃないの(独断)??
あ、私見ですので、気に入らない方は、スルーしてもらえればw

さてさて、今回はセントローレンスを作ってみました( ̄^ ̄)ゞ
新造船で未だ海事の大型帆船(対人系)を自分用に新造してなくて
漕ぎを持ってない長男次男はずっとドファンの手直しに乗っておりました(;д;)

もともとアサルトフリゲートかセントローレンスのどちらかを作りたいなー
と思っていたので、今回はセントローレンスを(^∇^)ノ
アサフリとロレンスの違いは、スキル的にはポンプか耐砲撃のどちらを選ぶか、くらいで、
下手くそな私が少しでもダメージを減らせればと、耐砲撃をつけられるロレンスにした感じですかねw
浸水は桶でおk!!というしゅんすさんの名言を信じて!!!(。>ω<。)ノ

今回はBクエの報酬も使って、大スト5つ使ってみました(。-_-。)


船形式 戦闘艦
リビルドボーナス スキル継承 スキル枠追加1

スキル:轟音機雷  耐砲撃装甲  司令搭  斬り込み防止網(継承)  機雷除去(専用)


1 、大スト 舫綱 舫綱
2 、大スト 舫綱 舫綱
3 、大スト 舫綱 舫綱
4 、大スト 副官室 船匠室
5 、大スト 特殊船倉 加工鉄材
6 、大ラテ 特殊船倉 加工鉄材
7 、大ラテ 特殊船倉 強化ロープ
8 、大ラテ 特殊船倉 加工鉄材
9 、大ラテ 特殊船倉 加工鉄材
10、大スク 特殊船倉 汎用装甲
11、大スク 特殊船倉 汎用装甲


11回までの結果
目標値 耐久295 縦帆137 横帆137 旋回25 対波25 装甲26 船室2
期待値 耐久290 縦帆130 横帆130 旋回20 対波22 装甲27 船室2
結果値 耐久300 縦帆130 横帆150 旋回24 対波24 装甲26 船室2


最後の修正で12回目-
キャンペーン中なので、10%アップを信じて課金部品入れるのやめました(。>ω<。)ノ

12、大ラテ 提督居室 汎用船室


できあがりはこちらー(^∇^)
ローレンススペック
ローレンス強化値
なんか、ドンピシャのタイミングでメールがががががががw  耐久もマックスなっておりますw

マルタなどのガレーの船員見て「あー、こりゃ船室マックスにしても、勝てる見込みないから帆船の船室は強化せんでいいわー」
と個人的には思っていますが、どうなんでしょうねぇ(´・_・`)

あと、轟音つけたけど、うちは機雷持ちがリミリミだけだから、長男次男が乗っても機雷が使えない。゚(゚´Д`゚)゚。
しばらくしたら機雷系のない他の船作ろうかなぁ(´;ω;`)

造船後にBCなどで乗ってみましたが数値の割りに鈍重な印象があります
(ハインドと併用してましたが、なんか違うんですよねぇw)
大きい船(アサフリはまだ乗ってないけど)は、そういう仕様なのかしら??
それとも私が単に下手だから??(´・_・`)

実際にアサフリやロレンスに乗っている方、感想お待ちしてます(。-_-。)


2017_12_12


01  « 2018_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

bonamigo

Author:bonamigo
大航海時代オンライン(DOL)A鯖リスボンに商会をかまえるボン・アミーゴ商会のブログです。
商会でのできごとや造船レシピ等を紹介していきます。

砲門数

検索フォーム




page
top