FC2ブログ



こんにちは、のびTです。

セトの船首像が実装されて以来、ファフニールの像とのダメージ比較は今までに2回行いました。
しかしながら2回とも両者に差が無く、回避を切っても同じダメージ数値が連続で続くことがあったため、(もしかするとキャップがあるんじゃないの?)という感覚を受けていました。

お世話になっているクレア商会の商茶で、ンドゥバさんからもそのような話を聞いたので、もう一度確かめてみることにしました。

前回、ファランクスの盾装備時の砲撃ダメージ減のチェックを忘れていたので、それと合わせて行っています。

結果はこちら。

ダメージ01
※10回砲撃の詳細は末尾


チェック項目がいっぱいあって見づらいってのもありますが、傾向がよくわかりません。


ただ、はっきりしたのは、

ファランクスの盾を装備して砲撃すると確実に威力が下がる

こと。

もちろん装甲艦乗船時の砲撃でおそらく10%の威力減。


あとはもうよくわかりませんでしたが一応考察してみました。


【セトVSファフ】

① 砲撃側が名匠キャノン18門、防御側が防御スキル発動無しの場合
セト 平均被ダメ359(c) ファフ 平均被ダメ361(g)

 差は2。一応、セトの方が被ダメージは少ない。
 しかし、c、g共に砲撃10回とも同じ数値なのが衝撃。
平均としているがセトは359、ファフは361しか出なかった。これのせいでキャップ疑惑が持ち上がる。
 船首像の砲弾回避1の差は、名匠キャノンの場合5スロで10ということなのか?

② 砲撃側が名匠キャノン18門、防御側が回避R20発動の場合
セト 平均被ダメ351(a) ファフ 平均被ダメ348(e)

 差は3。しかし、ダメージが少ないのはファフの方・・・
 いや、それも問題なんだけど、驚きなのは、回避R20を発動しているのに①から3%前後しかダメージが下がっていないこと。
 回避R20は40%の砲撃ダメージ減のはずなのでこれは異常。
もしキャップが存在するのであれば、名匠キャノン18門の本来のダメージは585だが、キャップで①の359になっているのかもしれない(セト装備時)?

③ 砲撃側が名匠キャノン18門、防御側が回避R20、二連弾防御発動の場合
セト 平均被ダメ239(b) ファフ 平均被ダメ248(f)

 いい感じ。実際、被砲撃側はKRのことが多いだろうからこの差は納得。
5スロだと45の被ダメージ差。
セトさんの面目躍如。

 
ここだけチェックしてれば、「セトやっぱいいわー」で終わったんだけどなー><

④ 砲撃側が名匠キャノン18門、防御側が二連弾防御のみ発動の場合
セト 平均被ダメ254(d) ファフ 平均被ダメ262(h)

回避R20発動の②では3%しかダメージが減らず、キャップ疑惑が持ち上がったが、二連弾防御のみだと、ちゃんと①から29%前後ダメージを減らしている・・・
回避はキャップを考えない本来のダメージから減らし、二連弾防御はキャップ後のダメージから減らす、ということなのか???



【ファランクスの盾装備時の砲撃力】

⑤ 砲撃側が特殊カロネード18門、防御側がファフニールの像装備、回避R20発動の場合
盾なし 平均与ダメ298(j) 盾装備 平均与ダメ268(i)
 盾装備時10%の与ダメージ減

⑥ 砲撃側が特殊カロネード18門、防御側がセトの船首像装備、回避R20発動の場合
盾なし 平均与ダメ297(m) 盾装備 平均与ダメ265(l)
 盾装備時11%弱の与ダメージ減 ⑤よりダメージが少ないので船首像の差もありそう。

⑦ 砲撃側が特殊カロネード18門、防御側がセトの船首像装備、回避発動なしの場合
盾なし 平均与ダメ300(o) 盾装備 平均与ダメ268(n)
 同じく盾装備時11%弱の与ダメージ減だが、相変わらず回避の効果(⑥との差)が意味不明。


で、キャップ疑惑については、ンドゥバさんとも話した結果、砲門数の少ない大砲を使えばわかるんじゃないかということになりました。
もし名匠キャノン砲1スロのキャップが①の数値なのだとしたら、その数値まで届かない砲門数でテストをすれば、回避の効果がどうなっているのかわかると考えたんですね。

テストは(安易に)店売りのカロネード砲4門を使いました。
これが結果をわからなくしちゃったんだけど、どっちにしろ、やっぱなんか変。

(q)と(r)、(t)と(v)の比較は、船首像を除けば、回避の有無しか違いが無い。
①、②の差のように、回避を発動してもダメージ減は少ない(4門だからかもしれないけども)。

しかしながら、回避無しの被ダメージが①と同じで10回ともばらつきが無い。

こうなると、大砲の種別ごとにダメージキャップがあるのではなく、各大砲の各砲門数にキャップがあるのかもしれん・・・

もうわけわかんないので、防御側の操船術も切ってみた。

そしたら、u、v、wが同じダメージだった。

tとuを見る限り操船術は効果あるんだよ、たぶん。

回避R20の効果が変なんだよね。




まあ、なんでもいいか!

とりあえず わかったのは


●セトの船首像装備して、回避と弾防御入れておく

●ファランクスの盾を装備するのは旗艦


なんだ、結局通常運転なのかな^^



あと、たぶんセトはファフより効果ある(たぶんね)

で、回避の効果が変なのがなんでかはわからないんだけど、今回の数字が正しいのなら、発動する優先順位は

二連弾防御 > 回避 

になるのかもね。

回避だけだと、キャノン1スロで351、5スロで1755のダメージ。
連弾だけだと、キャノン1スロで254、5スロで1270のダメージ。

1スロでしかテストしてないからわかんないけどね。

もしかしたら、浸水が怖くなくなってるのかも???




そういえば、高倍率望遠鏡を装備するとエフェクトが入るようになる、というアナウンスがありましたね。

課金アイテムだけに性能を変えずにテコ入れした感じなので、個人的にはグッドジョブかと思っていますが、どうなるでしょうか。

エフェクトがある分、以前より積極的に狙われるようになってしまうのかな。

でも外周うまい人は捕まえるのも大変だしねー^^;


ではまたー


のびT


ダメージ02

スポンサーサイト



2020_10_15


こんにちは、のびTです。

キャノンとカロの20門砲実装はまだ先のようなので、とりあえず、話題沸騰の高倍率望遠鏡ファランクスの盾、それからセトの船首像を使って砲撃テストをしてみました。

3種

とはいえ、この3アイテムと大砲2種を使ったチェックは項目が16にもなり、心が折れてしまって、前のように20回ではなく10回ずつの砲撃の記録になりました。

てことで 参考程度 に見てください。


【基本的な砲撃側の条件】

大砲:名匠キャノン砲18門 または 特殊ハイペリエ砲18門 1スロ
   ※最高貫通 赤点滅時に砲撃
キャラクタースキル:砲術、水平射撃、弾道学、貫通 全てR20
船OPスキル:強化砲門

砲撃船


【基本的な防御側の条件】

キャラクタースキル:回避R20、二連弾防御
大学SS:操船術1、操船術2
船:マルタ騎士団ガレー 装甲127
船OPスキル:装甲艦改装、耐砲撃装甲

防御側


上記を基本として、砲撃側が高倍率望遠鏡を装備したり、防御側の船首像をファフニールの像セトの船首像と入れ替えたり、ファランクスの盾を装備したり、といろいろやってみました。

砲撃テストはマディラ周辺で行いました。
風向きは追い風です。

結果はこちら。

砲撃テスト結果


表内の砲撃距離・「近」は下画像の距離。

至近距離

同じく「射程限界」は、キャノンとハイペリエで当然異なります。

キャノン射程限界
キャノン射程ギリギリ

ハイペリエ射程限界
ハイペリエ射程ギリギリ


「望遠鏡」表記は高倍率望遠鏡装備、「盾」表記はファランクスの盾装備を指します。



【考察】

1) ファフニールの像 VS セトの船首像
 
実はこれ、セトの実装直後にすぐにやってみたんですが、差が出なくてお蔵入りにしたんですよね。今回、様々な条件で数字を出せたので、前よりは信ぴょう性があるのではないかと思っています。
上の表では①~⑫がそれにあたり、同じ条件の比較は、①VS②、③VS④~となります。

ファフVSセト

全部で6種の条件でファフニールとセトの比較をしたことになりますが、ほとんど差がありません
しかし、⑨VS⑩のみ大きな差がありました。
なぜここだけこんなに差があるのか。
もしかすると、砲撃距離の微妙な誤差(条件を変えるたびに戦闘サークルから離脱するため毎回砲撃距離が微妙に異なる)に高倍率望遠鏡が敏感に反応したのかもしれません。


2) 高倍率望遠鏡

 ファフニールとセトの差が無いとはいえ、昨今の実戦ではセトがメインで使用されていると考え、セト装備のダメージを抜き出しました。

高倍率望遠鏡砲撃結果

上の表では②が今までの一般的なダメージです。高倍率望遠鏡を付けると射程ギリギリでも、今までの至近距離と同じダメージなのがわかります(②と⑧がほぼ同じ)。
逆に高倍率望遠鏡を装備した至近距離のダメージは60%くらいに減っています。

とりあえず、高倍率望遠鏡で従来の至近距離のダメージを上回ることはなさそうです。

特殊ハイペリエ砲の通常至近距離ダメージを計るのを忘れてしまいましたが、至近距離ではダメージが半分以下になっています。
 
高倍率望遠鏡は

射程ギリギリでも従来の至近距離と同じダメージを出せる
至近距離だとダメージはおよそ半減


ということかな?

しかしこれ・・・キャノンとハイペリエの射程ギリギリのダメージがほぼ同じって・・・我々のようなインしてしまう人たちはどうすればいいんすか・・・
キャノンは連弾ありのダメージだから、やっぱり連弾防御は必須なのかな。
となると、見えないところからの一撃沈が増えるのかね。なんたって、1スロで平均294だから、5スロだと1470だよ><

画面ぐるぐるまわすと酔うかららやりたくないんだけどねーw


3) ファランクスの盾

2)と同じくセトのみを抜き出し、ファランクスの盾の有無を並べてみました。
 
ファランクスの盾砲撃結果

ファランクスの盾のダメージ軽減効果は確かにあります。
上の5種類の比較だと平均6%のダメージ減となっています。
装甲艦改装と同じく5%のダメージ減なのかもしれませんね(合わせて10%減)。

砲撃側のインフレに防御側が追いつけてませんね!


【個人的な感想】

正直かなりしんどそう。まだ本格的に遊んでないから何とも言えないけど・・・
望遠鏡を装備してるプレイヤーがわかれば、真っ先に落としに行けばいいんだろうけど、誰が装備してるかわからんもんね。
あたりをつけてやるしかないのかね。

盾で望遠鏡に対抗できればいいなと思ったけど期待外れ。
もちろんあった方がいいけど、お金かけてまで欲しいかといわれると微妙。

瀬戸さんは持ってるので使いますw

船員装備は、また売りに出すんだろうけど常設のロットじゃないから、復帰してきた人がなかなか入手できないってのが問題だよね。

のびT



今回のダメージ計測。同じ大砲と距離でも2年前の計測値と異なっています。

海域や季節も船も違うから、全く同じ条件というわけではないけども。
やっぱ同じ日にやらないとだめですね・・・




2020_08_27


こんにちは、のびTです。

僕は常々、DOLの艦隊戦エンジョイ勢が増えればいいなあ、と思っています。

対人艦隊戦の面白さは多くのノーキンが証明してくれていますから、あとはそれを遊ぶ裾野のプレイヤーが増えれば、よりDOLが盛り上がるだろうと期待しているわけです。

bc
昨日のBC初日。会長不在のアゾスクを取りまとめていただいたKAORIさんも参加^^
いつものゆるいメンバーでわいわいしましたw



艦隊戦の魅力については、過去に次の4つを挙げていました。

1. バランスがよく、有利不利が少ない
2. 「抜けクリ」など、戦闘システムが秀逸
3. 高価な船、装備を持っていても全く無双できないw
4. 気のいい奴らが多い!


1と3から分かるように、DOLの艦隊戦は、基本プレイ料金だけで最強クラスになることができます

課金ロットからブースト効果の高い装備品は出てきますが、スキルランクの上限がR20に設定されているため、これらは便利アイテムの位置づけになります。

通常のプレイでスキルを鍛えていれば、あとはゲーム内で入手できる装備で砲撃力と回避力をR20にできるからですね。

要するに、課金装備があっても白兵が有利になるくらいで、沈没しないなんてことはあり得ず、全身課金装備でフル強化のマルタ騎士団ガレーに乗っているプレイヤーですら、商用大型ガレオン(90門)で落とすことができます。

つまり、船、スキルという点では、みんな同じスタートライン から始められるのです。

vWClq3wvdW8VYX2AXjNy1595981999-1595982013.gif


では、いわゆるノーキンの方々はいったい何が違うのかというと、艦隊戦の経験と知識が豊富、という点になります。

残念ながら、こればっかりは遊ばないと増えません。

でも考えてみてください。

同じNPC相手に延々と砲撃系のスキル上げをするのはつらいですよね。

もちろん、溜まっていく熟練度の数値を見て楽しむということはできるのですが、僕はR13の序盤くらいになると「カンストしたところでいったい何の意味があるんだろうね?」と自問してしまうことが過去に何度かありましたw

スキル上げ


なので、せっかくスキル上げを終わらせたのであれば、よりおもしろい艦隊戦で遊びましょう


そもそも対人には、『相手が人間なので、NPCのような決まった行動がない』という面白さがあります。

対戦を続けるうちに対策を練ったり、僚艦と作戦を考えることができるのも艦隊戦の魅力ですね。


ということで、『全く対人で遊んだことはないけれど少し興味がある』という人は、とにかくBC(バトルキャンペーン)に参加してみることをお勧めします。

BCなら、帆や装甲板、大砲などの船部品や着ている服装備が痛みません。
組織的な行動をする必要もあまりないので、自由にワイワイ楽しめます。

BCはNPC相手に海事をする延長で気軽に参加できる絶好の機会です。

bc2


ちなみにBCは、チームの撃沈数を競う形式で、本来の艦隊戦とはちょっと異なります。
どちらかというと、わいわい楽しみながら旋回や砲撃の感覚を掴む場のようなイメージですね。

BCに参加して「面白い」と感じたら、次は模擬に出てみてください。


旗艦があるので、もっと面白い はずです^^


最初は、装備品にお金があまりかからない底模擬がお勧め。

底模擬とは、船の最大耐久が底(下限)になった状態で行われる模擬です。
名工の大工道具を使わないため、船の耐久の回復は不要。
装甲板や大砲等は痛みますが、それも店売りや簡単に生産できるものを使うのでお財布にやさしいスタイルです。

僕が知っている中では、A鯖のロンドン模擬(日曜以外毎日22~24時)やE鯖のフローニンゲン模擬(毎週火曜日21~23時)、不定期に月一開催のA鯖マルセイユ模擬がそれにあたります。

どれも敷居は低いですが、マルセイユ模擬が一番ゆるいかもですね。


ツイッターをされている方は下記の方をフォローされると、開催情報を確認できます。

フローニンゲン模擬 ⇒ heresystar団長さん

マルセイユ模擬 ⇒ ぺったんさん


のびT

2020_08_01


こんにちは、のびTです。

大航海時代のナンバリングタイトルがなかなかリリースされないことに業を煮やし、数年前から存在だけは知っていたものの、「オンライン」というオタクっぽさ(偏見)から敬遠していたDOL(PS3版El Oriente)をついに購入したのが約10年前。

8tnu01000000r7cq.jpg

すぐにハマったのは言うまでもないんだけど、やることが多すぎるから、なんらかの指針を求めてネットを検索。
すると大航海時代online wikiなるサイトに船の一覧があるじゃないですか。

初期の店売りの船は遅いから、とにかく速い船、しかもお金も稼ぎたいので、速くていっぱい積める船が欲しい。

バルシャ真上

そんなこんなで、そろそろEUから出ようかという頃に僕が目指したのは、商用サムブークでした。

はっきりとは覚えてないんだけど、どこかの洋上でサムブークに追い抜かれたときにすごい速いと感じたのが理由だった気がする(このとき卒業記念サムブークは未実装)。

しかし、それまでEU圏内の冒険や近距離交易、生産しかしてこなかったので戦闘経験は皆無。

それでも、とりあえず商用サムブークに乗れる戦闘レベル16まで頑張ってみることにしたのですが、そこに立ちはだかったのは、DOLあるあるのスキル枠制限。

レベルが低いから枠はパンパン。

仕方ないので、取引スキルとか観察を切って海事スキルを覚えようとしたんだけど、どれを覚えればいいのかわからない。

検索しても、対NPCと対人があるし、そもそもその当時はその区別すらつかない。

なんとなく砲術は必要そうだ、ってのはわかるんだけどねw

てことで、もしこれから海事を始めようという方がいれば、お役に立てるかもしれないと思い海事スキルの取捨選択を表にしてみました。

表内 
×…なくてもよい △…あると便利 〇…必須 ◎…必須(錬成推奨)

海事スキルの取捨選択

こうやってまとめると、対NPCの必須スキルは6つだけで済みそうです^^

しかも、修理、操舵は持ってるだろうし、白兵は全て撤退すると決めるなら突撃も不要になるので 3つの枠を空ければ海事をスタートできる (砲術、水平射撃、弾道学)。

海事レベルの上昇と共にスキル枠が広がるので、都度、追加していけばいいということになります。


もちろん、最初から海事に特化したキャラを育てるつもりなら、「ゆるい対人」や「(ガチ)対人」で必須のものから取れるだけ取って始めるほうがいいし、乗りたい船があるとか爵位を目的にしているだけで洋上戦は一切やらないのなら、スキルを取らずに護符海事をすればいいのですけどね。


余談ですが、この時の僕は、砲撃時に相手の船がアップになる演出効果を環境設定でスキップできることを知らず、戦闘中の3D酔いに悩まされていて、商用サムブークまで頑張るかDOLを引退するかの二択を迫られていました。

あの時、一人でジェノスク頑張ってよかったですw


のびT



2020_07_16



こんにちは、のびTです。

よろこび
★★先月の祝辞★★
サンジさん、赤ちゃん誕生おめでとうございます^^
バルガスさん、大海戦での3日連続爵位おめでとうございます^^



さて、今回は戦闘中の風向きのお話です。

DOLの戦闘中に風向きを見るのって、中級者、上級者には当たり前のことなのかもしれませんが、そうでないプレイヤーにはなかなか高いハードルだと思います。

そこで、風向きに対して初歩的な考え方を書いていきます。

相手関係や戦況にも左右されるため、すべてのケースに当てはまるわけではないですが、基本的な思考としておけば 自分の行動に意味を持てて楽しくなる んじゃないかな~と思います。


 ※風を見るのが苦手な人は、前に書いたこちらで試してみるといいかもしれません。下のリンクの⑦に僕が試した方法を書いています。
 DOL対人中級編 その2 『立ち回りとテクニック』



まずおさらいになりますが、相手に与えるダメージは、自分が風上から砲撃するのが一番高く、次いで風下、横風とダメージが下がっていきます。

横風からのダメージを100とすると、風下からが110、風上からが120となります。

風ダメージイメージ2

水道管(水平射撃、弾道学、貫通)を入れて抜けクリを当てたのにダメージが1300くらいでがっかりするときがありますよね?

それは横風だったのかもしれません。
もし相手の位置が違って風上から撃てていれば1560のダメージで沈めていた可能性が高いのです。


相手の防御スキルにもよるため、横風だからといって一撃轟沈がないわけではないのですが、当然、期待値としては風上、風下(俗にいう“縦”)の方が上になります。

横風と風上では200~300のダメージの差がある、と念頭に置いておくのがいいと思います。


でも、沈められなくても相手の最大耐久を削られるし、横風で抜けクリを狙ってもいいのでは?

という疑問もあります。
実際、聞き分けの悪い僕はそう思っていましたw


もちろんダメとは言えませんが、横風での抜けクリ狙いが好ましくない例を挙げます。


5対5で戦闘が始まったとします。
ほどなくして近くの味方が白兵になり、自分がフリーですぐ抜けクリ位置につけるものの、狙う相手は横風状態。
この場合、抜けクリは狙わず他の味方についていく方が無難です。
なぜなら、ここで抜けクリを狙うとすると、このエリアにいるのは、敵1、味方2(自分と白兵中の味方)の3隻であり、他のところでは、敵4、味方3で戦っていることになるためです。


どちらへいくか
図にするとこうです。
①と②のどちらに行くかということですね。

① に行った場合、白兵中の敵艦は自分からは撤退せず白兵を継続させます。
すると、(図の右側では)味方の数的不利な状況が長引き、しかも、白兵が終ってクリティカルを当てたとしても沈める可能性は高くありません。

さらに、白兵中の味方と自分は風上に艦尾を向けている危険な状態。

横風状態の相手を狙う時は、自分が縦になって危険 というのも覚えておく必要があります。

(この状態で相手のフォローに捕まり、そのまま抜けクリで沈んだことが何度あることか…)

そう考えれば、味方を数的不利にせず、また、白兵中の味方の艦尾を守ることもできる②が最適な選択なのではないかと思います。


では、白兵相手が旗艦だったらどうなのか?

これも基本的には②へ行くと思いますが、状況に左右されます。
旗艦なら防御スキルが高い確率で入っているでしょうからまず落ちません。ただし、クリティカルを入れられれば最大耐久を減らせます。
相手関係や味方旗艦の状況によって判断するということになるのではないでしょうか。
味方旗艦がこちらに近づいてくるようなら、どうせ全艦が集まってきて1、2ターンくらいしかチャンスがないからクリ狙い継続でいい、コンボも入れてくれるかもしれない、とかね。
この場合、白兵中の味方のお尻が危ないんですけどねw


次に同数じゃなかったらどうでしょう。

こちらが数的不利であれば当然狙わずに味方旗艦のフォローにいかないといけません。
数的有利の場合であっても味方5-相手4くらいだと微妙です。
他の敵艦を縦風状態で白兵にするなど、他のところで条件の良い状況を作る方がいいのではないかと思います。


横風状態の相手を狙うのがあまり効率的ではない、ということをお分かりいただけたと思いますが、これは当然自分が狙われる側になるときも当てはまります。

白兵になりそうなら横風状態になるよう前もって舵を切っておく。

これを意識するだけでだいぶ生存率が上がるのではないかと思います。

と言っても、これがなかなか難しいんですよね^^;


もし身近なゆるめの模擬に出ることがあるなら、“一度でいい”ので、『常に横風状態で移動』というのを試してみるといいです。これやると意味がわかります。


横風移動
KRJ(回避、二連弾防御、機雷除去発動状態)でこの移動をしていると、白兵後に抜けクリをくらってもそう簡単には落ちない(コンボは落ちますw)。
※この時、敵艦が近づいてきても、相手に向かって大きく舵を切ってはいけません。縦風になってしまうくらいなら直進で横風のままの方がいいです。


次に、自分に近づいてくる敵艦が縦で白兵になることが多くチャンスを作りやすい。

相手が縦で


さらに、縦状態で白兵をしている敵艦を見つけやすく、クリ位置に移動しやすい。

抜け位置につきやすい


最後に、(上の逆パターンですが)縦状態で白兵になっている味方を見つけやすく、すぐにフォローに行ける。

Fもしやすい



と、メリットだらけ^^


デメリットとすれば、同じところを行ったり来たりして味方の進路を邪魔したり、艦隊行動ができなくて気づいたら孤立してたとか、横風移動にばかり集中しててフォローを忘れたとか、そんなところですかねw

なので、試すのは“一度でいい”ですw


のびT




2020_06_01


03  « 2021_04 »  05

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

bonamigo

Author:bonamigo
大航海時代オンライン(DOL)A鯖リスボンに商会をかまえるボン・アミーゴ商会のブログです。
商会でのできごとや造船レシピ等を紹介していきます。

砲門数

検索フォーム




page
top